北海道旅行!食欲の秋♪てっぱん道産子グルメはこれだ!

北海道に行って美味しいものが食べたーい!そんな声が例年以上に聞こえてくるそんな状況だと思いますが、コロナウィルス感染拡大とは言えども秋は毎年来て、北海道の大地や海や川には沢山の作物や生き物が実ります。まさに北海道の秋は食材の宝庫ですよね。そんな北海道のご当地グルメを紹介します。皆さんは既にご存知かと思いますが絵で見たら行きたい!食べたい!と思いますよね。

◆ジンギスカン

皆さんもご存じの通りジンギスカンと言えば「ラム肉」。生後1年未満の仔羊の肉でアミノ酸やビタミンなどの栄養素やダイエットで期待できることなど最強のお肉ですね。そのラム肉とたっぷりの野菜を焼く焼肉のことですよね。ラム肉から出てきた肉汁と野菜を鉄板で絡めます。鉄板はお店によって違いはありますがご飯にもビールにも合うジンギスカンは、やっぱり外せない道産子グルメです♪

◆スープカレー

スープカレーは札幌が発祥!何十種類ものスパイスと道産野菜をたっぷり使ったものが一般的ですが、中には北海道産の素材をふんだんに使っているものもあります。道産子の野菜を素揚げし、より輝きと甘みを増し、スープとの相性も最高です♪「カレーライス」の常識を超えたスープカレー。初めてスープカレーを食べたときはカレーライスのスープ版をイメージしていたのですがこれが全く違う味にビックリ!

◆いくら丼と石狩鍋

北海道の秋といえば「鮭」。旨みののった秋鮭は数年間、回遊し、秋(9~12月)に産卵のために故郷の川に戻る鮭で、脂が少なくオスには白子、メスには卵(筋子)を持つのが特徴です。ここからはうけうりですが鮭は、ビタミンEの1000倍もの抗酸化作用を持つ、赤い色素のアスタキサンチンを多く含むので、アンチエイジング、美肌、シワ・シミの予防などの効果が期待されているそうです。女性には嬉しいですね。

まずは北海道へ行ったら一度は食べてみたいのが、どんぶりからこぼれるくらいのいくらがのったいくら丼!新鮮で粒のきれいないくらをこれでもか!と言うくらい載せていただくのは最高ですね。

そして鮭がメインのお鍋と言えば「石狩鍋」。おいしい秋鮭のうまみをだしにして野菜と一緒に味噌で煮込んだ郷土料理ですね。石狩市が発祥の地なのはご存知ですよね。毎年、石狩川には産卵期になると鮭が遡上してくるので地元の漁師が味噌汁の中に鮭や野菜を入れて食べたのでが始まりと言われています。

◆札幌味噌ラーメン

やはり最後は札幌に来たからには本場の味噌ラーメンを食べたい!!と思う人がほとんどだと思います。でも札幌だけでもたくさんのお店があり、どれを食べたらいいか迷う人がほとんど。今では日本全国どこでも札幌味噌ラーメンが食べれるようになりましたが本場で食べる味はひと味違う!これだと思う味を探してみてはどうでしょうか。

さっぽろオータムフェスト2020

「さっぽろオータムフェスト」とは「北海道・札幌の食」をテーマとし、道内各地の旬の食材、ご当地グルメやラーメン、道産のとっておきのお酒などの旨いものが集まるイベントです。2008年から行われ、毎年9月上旬から下旬にかけて札幌の大通公園で開催されます。ですが2020年の今年はコロナウィルス感染拡大防止のため、中止が決定。非常に残念です。現在、関係各所と調整を鑑み、代替イベントの実施を検討中との事です。是非、これまで「北海道・札幌の食」の発信を続けてきたオータムフェストの開催趣旨を今後に繋げていくためにいい結果が出ればと願いたいと思います。

◆秋の北海道へ出かけよう♪

道産子グルメは他にもいっぱいあると思いますが今回のご紹介はここまで。是非、実りの秋、食欲の秋を満喫しに北海道へ。

◆北海道旅行のお申し込みはこちらから!

記事をシェア