「マイナポイント」9月1日からスタート♪

マイナポイント

◆「マイナポイント」今日からスタートです♪

皆さん!マイナポイントが今日からスタートですが、登録はされましたか?私事ですがこの事業を知り、ポイント欲しさに7月にマイナンバーカードの申請を行い、先日、カードを市役所で受け取り、そしてマイナポイントに登録を済ませました。スマートフォンからの操作になりますがお教えしますね。マイナポイントを貯めて、GoToトラベルキャンペーンを利用して国内旅行に出かけようと思っています。

◆「マイナポイント」って何?

マイナポイント事業は、ざっくりいうと、2万円の買い物・チャージで5,000円相当のポイントがもらえる。上限は5,000ポイント。還元期間は9月から2021年3月末まで。ようはマイナンバーカードとキャッシュレス普及を目指した政府の策ですね。6月に終了したキャッシュレス決済の第2段と言うべきでしょうか。では早速、申請からマイナポイント登録までご紹介します。

①まずは「マイナンバーカード」申請

まずはマイナンバーカードを申請、取得しなくては何も始まりません。皆さんのご自宅にお住まいの市役所から郵便が届きませんでしたか?その中に「個人番号カード交付申請書」が入っていると思いますがどうでしょうか?マイナンバーカードこの「個人番号カード交付申請書」に「QRコード」が表示されているので、QRコードを読み取り、申請用WEBサイトにアクセスしてます。個人番号カードからQRコードを読み取っているのでほぼ入力がされています。よって名前、メールアドレスを登録し、顔写真を登録すれば完了です。お手持ちの携帯ですべてが完了するので簡単です。マイナンバーカードは、申請から交付までに概ね1ヶ月かかるので、すぐにトライしましょう。(私は対応したスマートフォンで申請しましたがパソコンでも可能です。)

②「マイナンバーカード」受け取り来庁予約

申請から約1ヶ月。市役所から郵便物が届きました。開封すると「個人番号カード交付窓口来庁予約サイトのご案内」が入ってました。我が家は4人家族なので4通。1通1通に個人ごとの予約サイトにログインするIDとパスワードが表示されていました。市役所の方も大変でしょうね。1家族でも個人番号カードは一人ひとりなので。マイナンバーカード

上記の用紙にスマートフォン用のQRコードが表示されているので、そこから予約サイトにジャンプできます。それが下記の用紙に表示されている画面と同じなので手順に沿って来庁の予約を行います。これも一人ひとり。

③市役所に行きます!

市役所

  • 私の場合は市役所が受け取り場所なので来庁の予約は土日祝は出来ません。また受け取りの時間予約は確か、16時30分が最後でした。市役所なので仕方ないと思いますが平日にしか足を運べません。
  • マイナンバーカードなので原則として自身が行かなくてはならないのです。必要な持ち物(交付通知書に記載されています)を持って、交付通知書(はがき)に記載された期限までに、本人が行かなくてはいけません。交付場所は、交付通知書(はがき)に記載されています。※場合によっては代理人にカードの受け取りを委任できます。また15歳未満の場合は法定代理人に交付可能です。
  • 市役所に到着し、受付を済ませて、待つことしばらく。お忙しいみたいで時間通りとはいきませんでした。また4名分の時間予約をしましたが家族なので一緒に対応はしてもらえたので良かったです。
  • そしてマイナンバーカードにセットされている写真と受け取りにきた本人が一緒か確認されます。
  • 最後にマイナンバーカードに登録する暗証番号を登録します。他から見えないようにカーテンで仕切られているパソコンでセットします。そして受け取り完了です。

④「マイナポイント」アプリをダウンロード

マイナポイントを申し込むためにアプリが必要です。このアプリをインストールしておかないと、このあとの決済サービス会社からの登録が出来ません。どの会社もこのマイナポイントのシステムに紐づいています。

Google Playで「マイナポイント」アプリをインストール 

App Storeで「マイナポイント」アプリをインストール 

 

⑤マイナポイントの登録

マイナポイントマイナポイントのアプリもインストールしたので準備はOKです。手元に自身のマイナンバーカード、暗証番号を用意してマイナポイントの対象サービスを決めて申し込みです。但し、一度申し込んだ決済サービスを変更することができません。またマイナンバーカードを読み込むときですが上手くいかない場合がありますが、カードにスマートフォンを上手くセットすれば読込可能です。

また、マイナポイントは電子マネー、QRコード等のサイト、アプリからも申し込みが可能です。それぞれのサイトにマイナポイントのマークがあると思うのでクリックしてください。どちらから登録しても問題はありません。

⑥完了画面です!

私の場合、自身と息子の2人分のマイナポイントを別々の決済サービスに登録しました。一人ひとり暗証番号が違うので大丈夫です。ちなみに私はpaypayとd払いで登録済みです。

◆まだ間に合う!

マイナポイントの予算規模は約2,500億円で、利用者は「4,000万人」を想定。現在のマイナンバーカードの発行者よりも多いため、すぐに枠が埋まってしまうということはないと思うのでせっかくですから登録してはいかがでしょうか。ただセキュリティ対策等に不安がある方はご自身で判断してください。詳しくはこちらをクリック!「マイナポイント

記事をシェア